「スパイダーマン:ファーフロムホーム」ロケ地の場所はココだ!

洋画

スパイダーマンの新作・ファーフロムホームが間もなく公開されます。

それと並行し、スパイダーマンの顔にトラベルステッカーをペタペタ貼ったポスターも完成。

 

そのステッカーには観光名所や地名のデザインが描かれており、ロケ地にもなったようです。

これから知られざる、ファーフロムホームのロケ地について巡っていきましょう。

 

ファーフロムホームのロケ地

スパイダーマンのホームグラウンド、アメリカは勿論のこと、ヨーロッパへと渡りロケ撮影が行われました。

先ずは出発地点のアメリカから。

 

 

アメリカ

ロケはニューヨークのマンハッタンにて。

人混みの中、ロープアクションが大々的に行われたもよう。

まるで本物の恋人のように和やかな雰囲気で演じていました。

 

 

 

スパイダーマンとメイおばさんがホームレスの支援チャリティーを行っていました。

その場所はニューヨーク州・ニューヨークにあるカルチャー センター「Urban Sports & Cultural Center」。

 

 

 

イギリス

ロンドン・テムズ川に架かるタワー・ブリッジ。

炎と煙が立ち込める橋めがけてスパイダーマンが飛行していました。

 

 

セント・パンクラス駅。

ピーター・パーカーと友人達がロンドンに到着したシーンはここで撮影されました。

 

 

スタークジェットがビューーンと飛んでいましたが、ロケが行われたのはロンドン塔の城塞。

その昔、牢獄や処刑場として使われ、暗い歴史を背負った建物。世界遺産に登録されています。

 

 

ハートフォードシャー州・ビショップズ

撮影時、ギャラリーが大勢集まり大賑わいだったようです。

 

 

イタリア

ピーター・パーカーとその友人達がゴンドラに乗り、ヴェネツィア観光していました。

名所のリアルト橋が見えます。

 

 

奥に映っているのは、イタリアで最も写真に撮られるほど有名な教会、サンタマリアデッラサルーテ聖堂。

 

 

チェコ

首都プラハにあるオールドタウンブリッジタワー。

ピーター・パーカーとMJが橋の上を歩いていました。

 

 

 

リベレツ州にあるタウンホール(Townhall)。

街の中心部とされる場所で、サーカスのセットが組まれ、ミステリオの撮影が行われています。

 

 

 

こちらはピーター・パーカーとMJが訪れた劇場になります。

 

まとめ

ファーフロムホームのロケ地を巡ってみました。

ポスターに描かれていた地名全てとはいかないにせよ、沢山の美しい歴史的建造物には思わず見とれてしまいます。

 

スパイダーマンが普段活動している世界とは少し違いますが、違和感もなく溶け込んでいます。

 

アクションシーンのみならず、ヨーロッパの景色も堪能出来る。

そんな2度美味しい要素が詰まっている最新作といえますね。

 

 

ポスターについてはこちらをどうぞ!

「スパイダーマン:ファーフロムホーム」ポスターの顔にあるものは?

コメント