映画『さよならくちびる』ロケ地6ヶ所!エキストラや記念品は?

邦画

イマイチな人気のため、突如解散を決めた人気女性ギターユニット”ハルレオ”。

ローディーのシマが加入し、複雑な恋関係が生まれると同時に曲『さよならくちびる』が生まれることに・・・。

 

映像では解散ツアーを行う中で、様々なライブ会場やファンが登場していましたね。

嬉しそうにサインを求めたり、しみじみとしたライブ等々、

こうしたシーンを観てると、ロケ地やエキストラが知りたくなってしまうものです。

 

ではこれから『さよならくちびる』のロケ地とエキストラ概要についてお伝えしていきます。

 

6つのロケ地は何処?

解散コンサートは車での移動があり、全国のあちこちでロケが行われました。

場所は東京、埼玉、大阪、北海道、新潟、栃木の6ヶ所で、ライブ会場が目立ちます。

 

『東京』 – 関田商店前

東京都府中市若松町1丁目14−7

多磨霊園駅の近くにある酒店。撮影当日なぜこんなところにいるの?と騒がれていました。

酒の自販機が置いてあり、レオとハルのキスシーンが行われたのだと思われます。

 

 

『埼玉』 – 鶴ヶ島市

何かと話題の都会・埼玉県。その中心部に位置した鶴ヶ島市という田舎で、小松菜奈さんと成田凌さんが目撃されています。

レオとシマの会話シーンをまとめて撮っていたのでしょうか。

https://twitter.com/taku_susu13/status/1013547402584678400

 

 

『大阪』 – 大阪市中央公会堂

大阪府大阪市北区中之島1丁目

大阪キタの歴史的シンボルな建築物で、コンサートや映画、ドラマと多目的に利用されている。

大阪でのロケは中央公会堂にて行われました。

 

車での移動シーンは阪神高速11号池田線を通過していました。

左に見えるのはJR神戸線とJR宝塚線。

 

 

『北海道』 – 金森ホール

北海道函館市末広町

函館の観光名所赤レンガ倉庫群の一角にある金森ホール。GLAYゆかりの地として有名ですね。

ロケではハルレオが曲『さよならくちびる』を披露し、最大の見せ場を撮影していました。

 

 

『新潟』- NEXS NIIGATA

新潟県新潟市中央区万代1丁目3−1 万代シネモールビル B1F

新潟市内のナイトクラブ。7月12日にライブの観客エキストラを集めロケが行われたもよう。

 

 

『栃木』- 足利ライブハウス大使館

栃木県足利市通2丁目

ライブ用の撮影として、足利市内の”ライブハウス大使館”が使用されました。

みずほ銀行足利支店の向かい側にあります。

 

他には足利大学でもロケがありました。

小松菜奈さん、門脇麦さん、成田凌さんが構内で目撃されています。

 

エキストラと記念品は?

エキストラはロケ地毎にライブ客、バンドメンバー、スタッフ役の募集が行われていました。

特に金森ホールでは市民500人が総出とあって大熱狂の様子。

 

有名人が函館に来るとだけあって、地元新聞にも取り上げられたほどです。

 

エキストラ参加特典としてスタイリスト伊賀大介さん、デザイナーの坂脇慶さんコラボの非売品Tシャツが配られることに。

色は白と紫、表デザインは塩瓶に”Salt Records”、裏は”ハルレオ”のポップ文字が描かれています。

塩田明彦監督の名前と音楽を掛け合わせたのでしょうか。

 

まとめ

インディーズバンドなのに全国ツアーさながらのロケ地が用意されていましたね。

そして各地はエキストラで大盛り上がり。

 

普通だと無言で演じることが多いですが、ハルレオと一緒に盛り上がれるのは貴重な経験です。

エキストラに当選した人はとてもラッキーだったと思います。

 

一方でロケ地に行けず悔しい思いをしているあなた。

ここはひとつ映画館に足を運んでみては如何でしょうか。

 

視聴時は辺り一帯は真っ暗となり、ハルレオのライブ会場に近い雰囲気の出来上がり。

映画の中のエキストラと一緒になって、ハルレオのライブ演奏に聴き入りましょう!

 

『さよならくちびる』は2019年5月31日公開です。

コメント